Toolset Types:単一カスタムフィールドの繰り返し

繰り返しカスタムフィールドが作成できる無料のプラグインと言えば、「Smart Custom Fields」が有名かなと思いますが、「Toolset Types」でも作成できますので、紹介したいと思います。

カスタムフィールドを繰り返し追加できる繰り返しフィールドは、同じフィールドに複数の値を含めたい場合に便利です。たとえば、複数の電話番号を持つ人がいるとします。繰り返しフィールドを使用すると、1人の人に異なる電話番号を複数追加することができます。

公式サイトのドキュメントから引用しています。(英語だから辛いけど…😓)

Repeating Fields

https://wp-types.com/documentation/user-guides/repeating-fields/
「Toolset Types」での繰り返しカスタムフィールドの使い方を説明しているページ。

繰り返し追加できるカスタムフィールドの作り方

カスタムフィールドを作成するときに、「シングルまたは繰り返しフィールドですか?」の欄を「このフィールドの複数インスタンスを許可する」にします。

編集画面には、以下のようにフィールドを追加するオレンジのボタンが現れるので、複数入力したい場合はクリックして入力します。

機能としては、以下のことができます。

  • 繰り返すフィールドの順序をドラッグボタンで並べ替えることができます。
  • すでに入力したフィールドを削除することができます。

作成方法は以上です。簡単ですね!

繰り返しカスタムフィールドの表示方法

公式サイトのドキュメントでは、編集画面のコンテンツ(本文)箇所で表示する書き方っぽいですね。私はテンプレート側で使いたいので、そちらの書き方を紹介していければと思います。

要は、"separator" => "</li><li>"というように、項目間のセパレータを利用するだけです。

<ul>タグで表示

<ul>
	<li><?php echo(types_render_field( "tel", array( "separator" => "</li><li>" ) )); ?></li>
</ul>

すると、以下のように出力されます。

  • 0123-45-6789
  • 1234-56-7890

何番目のフィールドかを指定して表示することが可能

また、何番目のフィールドかを指定して表示することも可能です。
例えば、以下のように"index" => "0"とすると、該当の繰り返しフィールドに、たくさん登録されていても、一番目のフィールドを表示します。

ゼロベースの番号付けを使用されているため、最初の要素はindex = "0"、3番目の要素はindex = "2"になることに注意が必要です。

<ul>
  <li><?php echo(types_render_field( "tel", array( "index" => "0" ) )); ?></li>
</ul>

上記の書き方では、1番目のフィールドが表示されます。

  • 0123-45-6789

カスタムフィールドのグループを繰り返したい場合

ここで紹介したのは、1つのカスタムフィールドを繰り返し使いたいときの方法ですが、おそらくフィールドをグループ化して、それらを繰り返していきたい場合の方が多いでしょう。
その方法は、以下の記事をご覧ください。

Toolset Types:カスタムフィールドグループの繰り返し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です