MAMP PRO 5 で SSI(Server Side Includes)とルートパス利用のローカルテスト環境を構築

最近、SSI(Server Side Includes)を利用するサイトの作成が立て続けにありました。
先方から支給されたテンプレートHTMLも、インクルードするパーツHTMLもルートパスで書かれており、普通にlocalhostの下に設置したフォルダでは表示されません。

そこで、「MAMP PRO」の出番です。

  • ルートパスを利用したい
  • SSI(Server Side Includes)を利用したい

「MAMP PRO」を使って、上記2つの課題を簡単に解決できましたので、自分のメモのためにも記事にしておきます。環境は、

  • MAMP PRO(Ver. 5.6)
  • macOS Catalina(Ver. 10.15)
MAMP PRO

https://www.mamp.info/en/mamp-pro/
「MAMP PRO」の公式ページ。

1. ルートパスを使えるようにする

「MAMP PRO」では、複数のローカルホストを立てるのも簡単です。
そして、それだけでルートパスが使えるようになります。

1-1. 設定

  1. 新規にローカルホストを立てるため、「+」のアイコンをクリック。
    ※マウスオーバー時に「Create new host」と表示されます。

  2. 「Name:」の欄に名前を入力。
    ※ここでは、「test」としました。
    「Document root:」の欄の右にあるフォルダアイコンをクリックして、フォルダを選択。
    ※このフォルダがルートフォルダになります。
    「Create Host」と進む。

  3. 「SAVE」ボタンをクリックし、「MAMP PRO」を再起動させて、新規ホストの完成。

「General」タブの「Name:」欄の横の右向きアイコンをクリックすると、ブラウザで表示できます。

「PHP version:」欄でPHPのバージョンも選べます。
プロジェクトごとに、本環境サーバーのバージョンに合わせられるのもグッド。

2. SSI(Server Side Includes)を表示できるようにする

2-1. 設定

  1. 「Apache」タブを選択。

  2. 「Options for directive:」の欄の「Includes」にチェックを入れる。

  3. 「Additional parameters for directive:」の欄に以下を入力。
    ※拡張子が.html.shtmlもインクルードを有効にする場合

    AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html
  4. 「SAVE」ボタンをクリックし、「MAMP PRO」を再起動させると、SSIが有効になります。

上記の設定で、下記のようなルートパスでインクルードしているファイルも読み込みができるようになりました。

<!--#include virtual="/ssi_include/○○○○○.shtml" -->

お世話になった記事

「MAMP PRO」の情報についてはネット上には少なかったのですが、下記の記事を参考にさせていただき、大変助かりました。ありがとうございます。

MAMP PRO で SSI (Server Side Include) を使う方法 | UX & WordPress

MAMP PRO で WORDPRESSが遅い! MAMPを高速化する4つのTips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

keyboard_arrow_upTOP