Toolset Types:カスタムフィールド表示方法【4】ラジオボタン(Radio)

radio-no

「Toolset Types」で作成されたラジオボタンの入力データを、ページに出力(表示)させる方法をメモしていきます。

ラジオボタン(Radio)

1-1. Types Fields API版

以下のように記述します。○○○○はフィールドスラグを指定。

<?php echo(types_render_field("○○○○", array())); ?>

1-2. post_custom()版

「Toolset Types」で作成したカスタムフィールドは、フィールドスラグのみだと出力されません。
先頭に wpcf- の追加が必要です。

<?php echo post_custom('wpcf-○○○○'); ?>

1-3. 出力結果の違い

APIを使う場合と、post_custom()を使う場合で出力結果が変わります。
例えば、以下のように設定されたラジオボタンの場合。

01_radio

以下のように、選択します。

02_radio

▼ 出力結果(API版)

そのままで問題なく表示されます。

北海道・東北

▼ 出力結果(post_custom()版)

post_custom()版では、「カスタムフィールドのコンテンツ」に入っている数字が表示されてしまいます。

1

そこで、「カスタムフィールドのコンテンツ」に表示させたいテキストを入れるとOKです。

03_radio

北海道・東北

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です