Simple Map:カスタムフィールドを併用して緯度・経度・住所でGoogle Mapを表示

simple_map_03

WordPressでとても簡単にGoogle Mapが作成できるプラグインのご紹介です。(レスポンシブ対応)

一定の横幅以下の環境(たとえばスマホなど、デフォルトは480px以下)では、自動的にGoogle Static Mapsが表示されますので、Google Mapは静止画になり、手が当たってスクロールしてしまうということもありません。ありがたい仕組みのプラグインでございます。

ショートコードが用意されており、使い方はとても簡単なのですが、今回はショートコードを使わず、カスタムフィールドを使い、住所や緯度や経度を入力できるようにしてみました。

Simple Map

記事内にGoogle Mapを簡単に作成できるプラグイン。(スマホ対応)
配布元 : Simple Map(Ver. 2.14.8)

最新バージョンでは、スマホでGoogle Static Mapsをうまく取得できなかったため、Ver. 2.14.3を使用しております。

※プラグインのインストールや有効化、Google Maps APIの取得や設定の手順は省きます。

カスタムフィールド

基本的に住所を入力すれば、Google Mapに登録されているものには、ピンが立ちます。
でも、住所では位置がズレてしまったりするケースもあるため、緯度と経度のフィールドも用意しました。

simple_map_02

テンプレート

「Toolset Types」を使用していますので、その書き方になっております。

また、緯度と経度の入力がある場合は、住所よりそちらを優先させるように書いております。

<div class="googlemap">
    
    <div class="place">
        <h2><?php echo(types_render_field("googlemap-name", array())); ?></h2>
        <p><?php echo(types_render_field("googlemap-address", array())); ?></p>
    </div>
    
    <div class="map">
        
        <?php if(types_render_field('googlemap-lat') ||
            types_render_field('googlemap-lng')): // 緯度と経度の入力がある場合 ?>
        
            <?php echo do_shortcode('[map lat="'. esc_html( types_render_field('googlemap-lat') ) .'" lng="'. esc_html( types_render_field('googlemap-lng') ) .'"]'); ?>
            
        <?php else : // 緯度と経度の入力がない場合 ?>
        
            <?php echo do_shortcode('[map addr="'. esc_html( types_render_field('googlemap-address') ) .'"]'); ?>
        
        <?php endif; ?>

    </div>

</div><!-- .googlemap -->

出力結果

PCでの出力

simple_map

スマホでの出力

simple_map_04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です