Toolset Types : タームにカスタムフィールドを作成・表示する

「Toolset Types」で、ターム(カテゴリー)にカスタムフィールドを作成・表示する方法をご紹介します。
カスタムフィールドは、タームに作成したり、ユーザー(プロフィール)にも作成することができるんですね。

タームにカスタムフィールドを作る場合は、ターム一覧やカテゴリー一覧などを作成するときに便利ですね。

タームにカスタムフィールドを作成する

  1. 「用語フィールド」に進みます。

  2. 「新規追加」か「新規グループを追加」ボタンをクリックします。

  3. 「名前(必須)」を入力し、必要があれば、「このField Groupを含む場所」の「編集」ボタンをクリックし、このカスタムフィールドグループを使いたいタクソノミー(カテゴリー)を選択します。
    ※使用したいタクソノミー(カテゴリー)を選択しない場合は、すべてのタクソノミー(カテゴリー)で使用できます。

    必要があれば、選択して「適用する」ボタンをクリックしてください。

  4. 使用したいタクソノミーが選択できているか確認して、「Field Groupを保存する」をクリックします。

  5. あとは「新しいフィールドを追加する」ボタンからカスタムフィールドを作成していきますが、「Toolset Types:使い方【3】カスタムフィールド」の「3-1. カスタムフィールドの作成」の⑤からと同じ手順になります。

  6. カスタムフィールドを作成しますと、該当のタクソノミーのタームの編集ページに、カスタムフィールドが表示されています。これで完成です!
    例では、画像のフィールドを作成してみました。

タームに入力したカスタムフィールドを表示する

「Toolset Types」ではAPIが用意されていますので、これを使ってみます。

アーカイブページで表示する

タクソノミーアーカイブページでは、これだけで表示できます。
types_render_termmeta となっているのが、通常のカスタムフィールドと違うところです。

<?php echo types_render_termmeta( "○○○○", array() ); ?>

○○○○は、設定したカスタムフィールドのスラッグを入れてください。

任意のタームのカスタムフィールドを表示する

特定のタームのカスタムフィールドを表示するには、"term_id" => "○" とタームのIDを指定します。

<?php echo types_render_termmeta( "○○○○", array( "term_id" => "○" ) ); ?>
Displaying Term Fields with Views without Writing Any Code

https://wp-types.com/documentation/user-guides/displaying-wordpress-term-fields/
「Toolset Types」でタームに作成されたカスタムフィールドを表示する方法を説明しているページ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です