ムームードメインで取得したサブドメインのみをwpXサーバーで使う

昨年、wpXサーバーというWordPressに特化した高速サーバーを仕事で使用する機会があり、その軽快さに感動したので、自分でも使ってみることにしました。

他社サーバーでは、負荷がかかり過ぎ、管理画面で記事一覧を表示しようとしても500エラーを返されていたサイトが、普通にしかも何倍も速く表示されるレベル…!😂

ただし、wpXサーバーはWordPress専用のサーバーで、他のCMSは使えないというデメリットがあったので悩んだのですが、他社で取得したサブドメインも使えることがわかり、ひとつのサブドメインで使ってみることにしました。

1. サブドメインでwpXサーバーで使う方法

ムームードメインの「ムームーDNS」を利用すると、同じドメインでありながら、メールはAサーバー、サイトはBサーバーなどと、分けて使うことができるので便利です。ちなみに、私はgmailでドメインのメールアドレスを使えるようにしたかったので、メールは「Google App」を利用しています。

1-1. ムームードメインでサブドメインを作成

  1. サイドバーの「ムームーDNS」に進み、該当のドメインの「変更」ボタンをクリックします。

  2. 「設定2」で、①〜③を設定します。
    私の場合、メールでGoogle Appを利用しているため、上部にはそれらの設定が書いてありますが、その下に追加しました。

    ①「サブドメイン」欄にサブドメインを入力(※○○○.example.comの○○○の部分)
    ②「種別」欄は「A」を選択
    ③「内容」欄はwpXサーバーのIPアドレスを入力

    ※IPアドレスは、wpXサーバーの管理パネルの「サーバー情報」で確認してください。

1-2. wpXサーバーにドメインを追加

  1. wpXサーバーの管理パネルのサイドバーから、「ドメイン追加設定」に進み、「他社管理のドメインを追加する」ボタンをクリックします。

  2. ドメインの所有者を確認できるよう、5つの認証方法が用意されていますが、「Web認証」が一番手軽そうでしたので使いました。
    「Web認証」の項目から、「wpx.html」ファイルをダウンロードし、FTPでドメインの直下にアップロードします。

  3. 「ドメイン名」を入力し、「Web認証」をチェックし、「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリック。
    ※たしか、次の画面が確認画面でしたので、もう一回ボタンをクリックして完了。

1-3. wpXサーバーにWordPressを新規インストール

ドメインが追加できれば、あとはWordPressを新規インストールするだけです。

今回、テストがてらサブドメインのみ移行してみた以下のサイトは、見違えるように快適になりました😊 管理画面もサクサク快適です。

私の使っているサーバーはロリポップサーバーなのですが、WordPressを使うにはちょっと貧弱なスペックですので、サブドメインのみ別のサーバーが使えるというのは、とてもうれしいです。(Movable Typeを使っているサイトもあるので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です