Contact Form 7(日本語) : シンプルかつ柔軟なメールフォームプラグイン

Movable Type にも、こういうフォームが欲しかった!
これが無料で使えるなんてすばらしい!(日本語だし)
「CAPTCHA」が使えるのもうれしいですね。

フリーのCGIを探して、でも文字コードが違うから…なんて悩んでいた頃がウソみたい。
オススメの一品です。

Contact Form 7(日本語)

シンプルかつ柔軟なメールフォームプラグイン。日本語。
配布元 : Contact Form 7(Ver. 2.0.5)
「CAPTCHA」を使用するには、Really Simple CAPTCHA も必要です。

参考サイト:

Contact Form 7 (日本語) « iDeasilo

使い方

  1. 配布元より、Contact Form 7(Ver. 2.0.5)をダウンロードします。(contact-form-7.2.0.5.zip)

  2. 解凍すると「contact-form-7」というフォルダが展開されるので、フォルダごと wp-content/plugins にアップロードします。

  3. 「プラグイン」の画面で、「Contact Form 7」を有効化します。(※「使用する」をクリック)

  4. 管理画面の左メニューの一番下に「お問い合わせ」というボタンが出てきますので、そこをクリック。

    contactform7_01

  5. 「Contact Form 7」の編集画面は、以下のような感じになっています。

    contactform7_02

    (1)「フォーム」の左側で項目を編集し、保存します。

    (2)上部の茶色いバーの箇所のソースコードをコピーして、コンタクトフォームを表示させたい箇所にペーストします。
    (投稿、ページ、またはテキストウィジェットの本文内

カスタマイズ

タグの作成

編集画面の「タグの作成」で、好きなタグを作成することができます。

contactform7_05

タグについては、次のページに詳しく書かれています。

CAPTCHA を使用する

「CAPTCHA」を使用するには、別途 Really Simple CAPTCHA が必要です。
以下の方法で、簡単に導入できます。

  1. 配布元より、Really Simple CAPTCHA(Ver. 1.0)をダウンロードします。(really-simple-captcha.1.0.zip)

  2. 解凍すると「really-simple-captcha」というフォルダが展開されるので、フォルダごと wp-content/plugins にアップロードします。

  3. 「プラグイン」の画面で、「Really Simple CAPTCHA」を有効化します。(※「使用する」をクリック)

  4. 「Contact Form 7」の編集画面の「タグの作成」から、「CAPTCHA」を選びます。

    contactform7_03

  5. できあがったソースコードをコピーして、左のフォームの編集画面で表示させたい箇所にペーストします。
    以下は、私の「About」のページにつけてみたものです。「WordPress Note – About」

    contactform7_04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です