MAMP のアップデートが楽ちんに!

mamp_s

ローカル環境でWordPressサイトを作成していく場合、「MAMP(マンプ)」を利用している方は多いと思います。サーバーと同じように、自分のマシンでApache、MySQL、PHPが使えるようになるからです。

しかし、そのMAMPをアップデートする場合、バックアップをとり、そのバックアップから新しくインストールした「MAMP」へ「db」や「htdocs」をコピーしたり…と、多少手間がかかったりしていたのですが、久々にアップデートしてみたら、そんな作業が必要なくなり、とても楽ちんになっておりました!(※注意:Windowsは検証できていません)

MAMP

Apache、MySQL、PHPの開発環境をインストールすることができるアプリケーション。
配布元 : MAMP(Ver. 3.4)

アップデート方法

環境:Mac OS X Yosemite(バージョン10.10.5)

  1. MAMPの公式サイトから、最新バージョンをダウンロードします。
    (※2015年9月1日現在は、Ver. 3.4)

  2. ダウンロードしたら、インストーラーをダブルクリックしてインストール。

    インストーラー

  3. インストールが完了した後、「アプリケーション」フォルダを見ると、なんと自動的にバックアップがとられています。(タイムスタンプ付き!)

    バックアップ

  4. そして、新バージョンの「MAMP」には、「db」フォルダの「mysql」のデータも、「htdocs」フォルダのデータも自動的にコピーされていました。
    (いつからこのような仕様になっていたのかわかりませんが、3.4 ではバックアップもコピーも全自動でした!)

    mysql

    htdocs

  5. 試しに「MAMP」を起動させてみると、ちゃんと Apache も MySQL も動いています。

    起動画面

  6. ただし、私の場合は1点変更が必要でした。
    「ポート」が初期設定に戻ってしまっておりましたので、「設定」→「ポート」へ進み、「Web と MySQL のポートを 80 と 3306 に設定」ボタンを押し、「OK」をクリックします。

    ポート1

    ポート2

  7. これで、http://localhost/…というアドレスで表示できる元の設定に戻りました。

    localhost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です